「企業に代わって半導体研究」 東京都市大シリコンナノ科学研究センター長の丸泉琢也教授

(1/2ページ)
2013/6/13 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業が半導体の研究開発から手を引くなか、大学の役割が重要になっている。東京都市大学シリコンナノ科学研究センター長の丸泉琢也教授に戦略を聞いた。

――研究成果をどう生かすのか。

「日本企業は半導体の生産を縮小している。その理由は事業として成り立たないと判断したからで、半導体がいらなくなったのではない。むしろ、今後はますます必要になる。世界でスマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)が普及…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]