/

理研、STAP細胞論文の取り下げ視野

「STAP細胞論文の取り下げを視野に検討している」と記者会見で話す理研の加賀屋悟広報室長

「STAP細胞論文の取り下げを視野に検討している」と記者会見で話す理研の加賀屋悟広報室長

理化学研究所は11日、STAP細胞の研究論文について「論文の信頼性、研究倫理の観点から論文の取り下げを視野に検討している」と文章でコメントを発表した。14日午後にも都内で調査の経過報告を発表する。

ただ、これまで指摘されている論文への疑義などの調査については「最終的な報告にはまだしばらく時間を要する」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン