北朝鮮ミサイル、改修難航で再延期も
エンジン制御に欠陥

2012/12/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北朝鮮が発射を見送った原因とした「第1段の操縦発動機系統の技術的欠陥」は、ミサイルのエンジン制御システムの問題とみられる。ミサイル技術に詳しい防衛省OBは「エンジンに燃料を送るポンプや弁に不具合が生じたのではないか」と指摘する。

長距離ミサイルは3段式で、第1段は中距離弾道ミサイル「ノドン」を4本束ねたとされる。ノドンは旧ソ連のスカッドミサイルを改良したもので、液体燃料を使う。エンジンに均等に燃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]