2019年6月20日(木)

光通信の情報量100倍 東北大、既存回線を使用
5年後実用化

2012/8/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東北大学の中沢正隆教授らは、大都市を結ぶ光ファイバー回線の通信量を100倍に高める新技術を開発した。情報を乗せる光信号を独自の波形に改め、光ファイバー1本当たりを流れる情報量を飛躍的に増やす。新たに回線を敷設しなくても、既存の通信網を増強できる。企業と組んで5年後の実用化を目指す。

スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)やクラウドサービスの急速な普及で、光ファイバー回線の通信量は年率4割以上の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報