/

この記事は会員限定です

汚染水浄化の「副産物」 福島原発で新たな難題に

[有料会員限定]

東京電力が福島第1原子力発電所で高濃度の放射性物質を含む汚染水の浄化作業を始めようとしているが、新たな問題が浮上してきた。東電は汚染水を浄化してから原子炉を冷やす冷却水として再利用する考えで、浄化作業の成否が原子炉を冷温停止させるカギを握る。ところが、作業では同時に放射性廃棄物が発生する。新たな"ゴミ"をどう処理するかは決まっていない。

事故から3カ月が経過し、福島第1原発で発生した汚染水は約1

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1455文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません