/

この記事は会員限定です

「ポスト京都」、来年に先送りで調整 COP16決議案

[有料会員限定]

【カンクン(メキシコ)=辻征弥】第16回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP16)は9日、2013年以降の地球温暖化対策を定める「ポスト京都議定書」について決着を先送りする方向になった。欧州連合(EU)などが「ポスト京都は来年の合意を目指す」とした決議案を提出。参加各国はこの決議案の採択に向けて最終調整に入った。

COP16は2週間の会期を終え、10日に閉幕する。主要議題が先送りの見通しとな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン