山中教授らに50億円 先端研究助成の配分公表

2010/3/9付
保存
共有
印刷
その他

政府は9日、2009年度補正予算に盛り込んだ1000億円の先端研究助成基金について30人の研究者に配分する金額を公表した。新型万能細胞(iPS細胞)を初めて作製した京都大学の山中伸弥教授と、世界最先端の電子顕微鏡開発に取り組む日立製作所の外村彰フェローの2人が最高額の50億円となった。ノーベル賞受賞者の田中耕一島津製作所フェローは34億円だった。

各分野で研究をリードする30人は、心臓病やがん治療といった医学研究や、地球温暖化対策と経済成長を両立させるテーマなどに取り組む。助成額は各18億~50億円。13年度までの期限内に、中長期的な経済成長につながる成果を目指す。

基金は自民党時代の前政権が追加経済対策の一環で当初1人平均90億円で総額2700億円を想定した。現政権が総額を1500億円に減額し、このうち1000億円について、総合科学技術会議(議長・鳩山由紀夫首相)が9日、政権交代前に内定していた30人への助成額を決めた。

国の研究者個人への助成制度はこれまで最大でも年3億円程度だった。一握りの著名研究者に短期間で巨費を投じることや、研究課題を基礎研究から技術開発まで総花的に選んだ点には賛否が分かれる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]