/

この記事は会員限定です

「反日」よりPM2.5対策 中韓、環境相会合で協調姿勢

[有料会員限定]

北九州市で5、6日に開いた日中韓3カ国の環境相会合では、微小粒子状物質(PM2.5)など越境大気汚染問題の改善に向け、新たに「政策対話」の場を設けることなどで合意した。中韓両国との政治的緊張が高まるなか、開催すら危ぶまれたが、PM2.5対策という共通の課題が各国の協力態勢構築を後押しした格好だ。会合の舞台裏を追った。

共同声明は過去にない充実度

「これだけの成果が得られた会合は過去にそうないはずだ」。会合が終わった直後、環境...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1966文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン