家電の待機電力をゼロに 東北大・NECが半導体技術
5年後の実用化目指す

2011/6/13付
保存
共有
印刷
その他

東北大学の大野英男教授とNECは、パソコンやテレビなどの待機電力をゼロにできる半導体技術を開発した。現在の家電は、コンセントにつないだままだと、スイッチを切っていてもデータ保持などのために電気が流れてしまう。家庭で消費する全電力のうち6%が待機電力とされる。この一部を節電できる技術として、5年後の実用化を目指す。13日から京都で開く半導体集積回路技術の国際学会で発表する。

家電の制御回路に…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]