天然ウナギの卵、大量採取に成功 東大など世界初
マリアナ諸島付近で

(1/2ページ)
2011/7/10付
保存
共有
印刷
その他

東京大学や九州大学、オランダ・ライデン大学などの国際研究チームは10日、天然ウナギの卵を大量採取することに世界で初めて成功したと発表した。太平洋のグアムから西に200キロメートル以上離れたマリアナ諸島付近で100個を超える卵が見つかり、一部を持ち帰った。世界のだれもが陸揚げできなかった実物を都内に帰港した調査船上で公開した。ウナギの産卵場所は謎だったが、産卵直後の卵がマリアナ諸島近くに多数あり、長年の議論に終止符を打つ貴重な発見となった。

目の細かい網で天然ウナギの卵を採取した。右下は卵の顕微鏡写真(提供 東京大学大気海洋研究所)

目の細かい網で天然ウナギの卵を採取した。右下は卵の顕微鏡写真(提供 東京大学大気海洋研究所)

海洋研究開発機構の調査船「白鳳丸」が6月28~29日、マリアナ諸島付近の西マリアナ海嶺南部の水深150~180メートルの海中で147個を採取した。目の細かい網ですくった。

卵1個は直径約1.5ミリメートル。遺伝子を調べ、日本の近海を回遊するニホンウナギと断定した。研究チームは「海底山脈があり、海水の塩分濃度が急に変わる場所を選んでウナギは卵を産む」と結論づけた。マリアナ諸島付近は条件を満たす。

東大などは2009年、マリアナ諸島付近で天然ウナギの卵31個を世界で初めて採取。09年の採取場所から推定し、今度は大量の卵を見つけた。

多数の卵はそれぞれ産卵後の経過時間が異なり、産卵の様子にも迫れた。親ウナギは複数の集団を作り、新月の2~4日前に毎晩産卵することが分かったという。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]