/

この記事は会員限定です

iPSは「細胞のタイムマシン」 常識覆した山中氏

受精卵状態まで戻す、世界が称賛

[有料会員限定]

iPS細胞は体のどんな部分の細胞にも育てられ、ほぼ無限に増やせる。だが、本当に画期的な点は、皮膚などに変化した細胞を元の受精卵のような状態に戻したことだ。細胞の中の時計の針を巻き戻すことを実現した山中伸弥教授らの成果は「タイムマシン」の開発と称賛された。

人間は約60兆個の細胞でできている。もともとは1個の受精卵が分裂を繰り返しながら、神経や筋肉、皮膚など体をつくる200種類の細胞に変化していった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り492文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン