2019年8月25日(日)

基礎研究「軽視」に風穴 山中氏にノーベル賞
人材育成・環境整備へ政策余地

2012/10/9 6:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山中伸弥・京都大学教授のノーベル賞受賞決定は、日本の学術界にとって極めて明るい話題だ。経済不振の続く社会にとっても元気づけられる朗報だろう。ノーベル賞級の業績を上げた日本人研究者は増えているが、科学技術政策はこのところぎくしゃくし、優れた研究人材の輩出に暗雲が漂う。世界が認める研究環境の整備に向け、さらなる改革が必要だ。

日本にとって待望の生理学・医学賞の受賞といえる。1987年に免疫の多様性を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

喜び・祝福の声

これまでのインタビューや発言

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。