2019年5月23日(木)

国産エンジン、逆噴射に失敗 「あかつき」原因解明へ
JAXA、調査・対策チーム設置

2010/12/8付
保存
共有
印刷
その他

JAXAは「あかつき」の金星周回に失敗、6年後に再挑戦すると表明した(8日)

JAXAは「あかつき」の金星周回に失敗、6年後に再挑戦すると表明した(8日)

日本初の金星探査機「あかつき」は5月に打ち上げられて以降、順調に飛行を続けてきた。それが、最大の難関とされた軌道修正のための逆噴射で失敗した。逆噴射に使った初の国産エンジンをうまく動かせなかった原因は何か。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は調査・対策チームを設置、原因の解明に着手した。

種子島宇宙センター(鹿児島県)から主力ロケット「H2A」で打ち上げられたあかつきは金星に向かうための予定軌道を正確に飛んでいた。打ち上げ直後に予定していた軌道修正の作業は不要となったほか、地球の画像を撮影する余裕ができるなど「航行は極めて順調だった」(宇宙航空研究開発機構)。しかし、1度しかチャンスのない逆噴射で失敗した。

逆噴射に使ったのは世界初のセラミックを採用した主力エンジン。これまで海外製だったのを悲願の国産品に切り替えた矢先の出来事だった。今回の逆噴射の前に実施したテストでは正常に稼働していた。それが、逆噴射の途中にコマのように回る緊急状態の「セーフホールドモード」に何らかの原因で切り替わってしまった。

セーフホールドモードは、太陽光パネルを太陽の方向に向けて電源を確保する動き。小惑星「イトカワ」から物質を持ち帰る世界初の成果をなし遂げた小惑星探査機「はやぶさ」も通信不能となった時、このモードに切り替わっており、その後復帰した経緯がある。宇宙機構にはこうした局面を打開する運用ノウハウがあったはずだが、あかつきの軌道は修正できなかった。

あかつきの軌道投入失敗を発表するJAXA担当者(8日、神奈川県相模原市)

あかつきの軌道投入失敗を発表するJAXA担当者(8日、神奈川県相模原市)

宇宙機構は8日、宇宙科学研究所所長をトップとする調査・対策チームを設置。文部科学省の宇宙開発委員会も調査に乗り出す見通し。官民挙げて惑星探査の実現を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報