梅雨なのに「晴れ」なぜ 原因はインド洋に

(1/2ページ)
2013/6/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

梅雨はどこへ行ってしまったのか――。関東・甲信地方などで雨の少ない天気が続いている。気象庁は6月5日に少雨情報を出し、暑さへの注意も呼びかけている。インド洋付近の熱帯海域で上昇気流が活発だったのが晴天の原因らしい。しかしここ2、3日で熱帯の海の様子が変化したほか、日本の上空に寒気が入り天気が崩れやすくなるなど梅雨らしい天気に向かいつつある。

関東・甲信地方の梅雨入りは5月29日だが、東京で6月8…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]