2019年1月19日(土)

くすぶる「宇宙庁」構想 停滞する日本の戦略
予算の有効活用、遠く

2014/7/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の宇宙開発政策が停滞している。現行の基本計画は宇宙の利用や産業振興を重点に据えるが、官需依存から脱する道筋はみえない。施策に優先順位をつけて限られた予算を有効活用するという理想からも程遠い。新型ロケットの開発などは進むものの、新興国を交えた国際競争は激しさを増すばかりだ。戦略が改めて問われている。

自民党内で5月ごろ、宇宙政策を一元化した「宇宙庁」の設置構想が急浮上した。うたい文句は「各省庁…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報