/

この記事は会員限定です

鈴木氏、特許出願せず 世界的普及の要因に

ノーベル化学賞のクロスカップリング反応

[有料会員限定]

鈴木名誉教授はクロスカップリング反応の特許を出願しなかったことで知られる。同氏は6日夜、日本経済新聞の取材に応じ「我々の時代は、特許を取るにも維持するにもお金がかかり、出願の余裕がなかった」と振り返った。

ノーベル化学賞受賞者で米スクリプス研究所のバリー・シャープレス氏に以前、鈴木氏は「あなたの反応は特許を取っていないから世界中のいろいろなところで使ってもらえるんだな。おれの(発明した)反応を使っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン