/

この記事は会員限定です

日本版NIHが示す医薬研究の道すじは

井村裕夫氏と利根川進氏に聞く

創論

[有料会員限定]
 国の医学研究は科学者の発想に委ねた基礎を重視すべきか、それよりも治療を見据えた応用を強化するべきか。政府は新薬や治療法を次々と生み出す米国に倣い、司令塔として米国立衛生研究所(NIH)の日本版を2015年春、設立する方針だ。基礎にしわ寄せが出るとの懸念もある。ノーベル賞学者の利根川進氏と科学技術政策に詳しい井村裕夫氏に聞いた。

「新薬生み出し効果検証」井村裕夫・先端医療振興財団理事長

――日本の医学研究の進め方に問題があるとか。

「医学研究は基礎と(治療...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3245文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン