/

清酒の酵母から眠り深める物質 ライオンと筑波大

ライオンは、筑波大学の裏出良博教授らと共同で、清酒づくりで使う酵母が作る物質に、深い眠りを誘う効果があると突き止めた。この物質は「アデノシンA2A受容体」と呼ぶたんぱく質を活性化する作用があった。人での実験で、睡眠の質の改善に役立つことが確認できたという。

脳内にあるこの受容体の働きが高まると眠りが深くなる。研究チームは約80種類の食品を詳しく調べ、清酒用の酵母に受容体を活性化する働きがあるのをみつけた。脳波から眠りの深さを調べる実験では、就寝前に酵母を含む錠剤を飲むと、質の高い眠りを示す「デルタ波」の強さも高まった。

酵母が作る「S―アデノシルメチオニン」という物質が関係しているとみている。ただ酵母はこの物質を細胞内にため込むため、清酒にはほとんど含まれない。同社の開発担当者は「飲酒時に眠くなるのはアルコールの影響が大きい」と説明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン