/

この記事は会員限定です

パナソニック、人工光合成でメタン 燃料電池に

[有料会員限定]

パナソニックは水と二酸化炭素を原料に、太陽光を利用してメタンを合成する人工光合成システムを開発した。これまでは植物並みの効率で有機物(ギ酸)の合成には成功していたが、直接燃料として使える成分を作ったのは初めて。燃料電池に応用を見込む。無尽蔵にある原料から有用な資源を直接生み出す究極の再生可能エネルギーである人工光合成の実現に向けた一歩となりそうだ。

人工光合成はこれまでトヨタ自動車グループの研究機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン