/

高濃度汚染水は6万トン、移送先1万トン分不足

福島第1原発

東京電力福島第1原子力発電所内に高濃度の放射性物質に汚染された水が6万トン程度あることが、5日、わかった。移送先として既存施設だけでは約1万トンが排出できず、東京電力は仮設タンクの設置や船などの活用を準備している。原子炉を冷やすだけでも毎日500トン以上の水を注水しており、汚染水の流出経路の全体像が把握できていないなか、さらに増えて再び意図的な海への排出を迫られる可能性もある。

汚染水の量は経済産業省原子力安全・保安院などが推計した。1~3号機の坑道には3千~6千トン、タービン建屋地下の水の量は正確ではないが、水深1~2メートル程度がたまっていることから概算し、坑道と合わせて各号機に2万トンあるとした。

電源復旧の妨げ

この汚染水を取り除かなければタービン建屋地下に入れず、水を循環させながら原子炉を冷やすポンプなどの電源を復旧できない。特に優先度が高いのは、海への流出が続く2号機の高濃度汚染水だ。

当初、東電が考えたのは汚染水をタービン建屋内の復水器に入れる案だった。復水器にあった水を他のタンクに玉突き排水していたところ、海への流出が発覚。コンクリートや吸水性樹脂では流出が止まらず、2号機の汚染水除去を急ぐ必要に迫られた。

窮余の策として、集中廃棄物処理施設にあった1万トン、5~6号機の立て坑内の1500トンの低濃度汚染水を4日から海に放出した。これらの水に比べ、2号機から流れ出ている高濃度汚染水は100万倍の放射性物質を含む。2号機の水を約10リットル流すと、今回海に意図的に流した低濃度汚染水の放射性物質の量を上回る。

8万トン分を計画

今後、2号機などの高濃度汚染水6万トンを、集中廃棄物処理施設(容量3万トン)に入れるほか、復水器や復水貯蔵タンクなどに約2万トンを移す。足りない分は、約2万トン分のタンクを新設するほか、5日午後に清水港(静岡市)を出発し16日以降に現地入りする予定のメガフロート(大型浮体式海洋構造物、容量1万トン)や、容量約1500トンのバージ船を数隻活用する。計画通りに行けば計8万トン以上の汚染水を貯蔵できる計算だ。

海江田万里経産相は5日の記者会見で「汚染された水を(意図的に)海にもうこれ以上流さない」と述べた。

ただ、汚染水は1~3号機のタービン建屋や坑道以外にもある。4号機の地下にもかなりの量があり、いずれ排出しなければならない。1~3号機にも原子炉に冷却水を入れ続けており、高濃度汚染水が今後も漏れてくるのは確実だ。

東電は汚染水の現状をつかめていない。いったんは集中廃棄物処理施設の低濃度汚染水を4号機のタービン建屋地下に流し込んだが、逆に3号機坑道の汚染水が増えてしまった。建屋地下と坑道が地下でつながっていたとみられる。

福島第1原子力発電所の現状
原子炉
建   屋
原子炉の
燃 料 棒
対策・状況
1号機水素爆発著しく損傷○外部電源で原子炉に真水注入
○汚染水除去を準備中
2号機壁に損傷著しく損傷○外部電源で原子炉に真水注入
○汚染水除去を準備中
○ピット下部に土壌固化剤を注入
○取水口付近にフェンス設置を準備中
3号機水素爆発損傷か○外部電源で原子炉に真水注入
○汚染水除去を準備中
4号機火災、
水素爆発
な  し○カメラ付き放水車で使用済み
核燃料プールに注水
5、6号機維  持損傷なし○冷温停止状態
○立て坑の低濃度汚染水を海に放出中
集中廃棄物
処理施設
○タンク内の低濃度汚染水を海に放出中

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン