/

規制委、安全対策人材育成へ組織

原子力規制委員会は5日、原子力安全にかかわる人材育成や安全文化の醸成、海外の原子力規制の動向などについて有識者が話し合い規制委に助言する「原子炉安全専門審査会」と「核燃料安全専門審査会」を設置することを決めた。審査会を構成する委員は原子炉や放射線、自然災害などを専門とする学識経験者から規制委が選ぶ。審査会の会議は原則として公開する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン