/

この記事は会員限定です

阪大、イスラム教徒向け食品の評価技術 ブルネイと研究

[有料会員限定]

大阪大学は、イスラム教の戒律に沿ったハラル食品かどうかを調べる検査技術の研究を、ブルネイのハラル研究センターと始める。阪大工学研究科と同国政府が覚書を結び、イスラム教で忌避される豚肉や発酵アルコールの成分などが食品に混入していないかを遺伝子などを使って見分ける。

民谷栄一教授らが開発したセンサー技術などを応用する。持ち運べる小型装置を使ってハラルとは認められない物質などが混...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン