/

この記事は会員限定です

相次ぐ竜巻、猛暑の産物 温暖化でさらに増加も

[有料会員限定]

2日の埼玉県、4日の栃木県と、竜巻の発生が相次いだ。4日の竜巻は南の海上から非常に湿った空気が大量に流れ込んだのが原因だ。気温は2日の埼玉県よりも低かったが、台風17号から変わった低気圧によって水蒸気の流入が加速し積乱雲が発達した。豪雨や竜巻をもたらす状態は5日まで続く見通しで、警戒が必要だ。

4日に起きた竜巻の最大の原因は水蒸気だ。東海上の太平洋高気圧から吹く南風と、台風17号崩れの低気圧の東側...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1358文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン