「吉田所長」の遺言 福島復興と原発廃炉への思い

(1/3ページ)
2013/9/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 2020年夏季五輪の東京開催が決まった。招致活動を通じて改めて世界が注目したのは、汚染水の問題が続き事故収束の道筋が見えない東京電力福島第1原子力発電所を巡る状況である。7月、一人の電力マンが亡くなった。事故当時の現場責任者である吉田昌郎・元福島第1原発所長。被害の拡大を抑えたという評価を得た半面、事故そのものの発生を防げなかったとの批判もある。汚染水対策が事実上の国際公約になった今、吉田氏が残…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]