/

東電社員2人の被曝線量、上限の250ミリシーベルト超す

東京電力は3日、福島第1原子力発電所の事故直後から作業をしていた男性社員2人の被曝(ひばく)線量が、今回の事故に限って適用される国の限度量の250ミリシーベルトを初めて超えたと発表した。放射性物質を体内に取り込んだ「内部被曝」の量を加えると、約280~660ミリシーベルトになった。東電の作業員に対する放射線管理のずさんさが改めて浮き彫りになった。

線量限度を超えたのは30代と40代の男性社員。専門の医療機関で5月30日に検査を受け、甲状腺にたまった放射性ヨウ素量の分析を進めてきた。

30代の男性は内部被曝が210~580ミリシーベルト、40代の男性は200~570ミリシーベルト。すでに2人とも73~89ミリシーベルトを外部被曝しており、少なく見積もっても限度量の250ミリシーベルトを超える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン