石炭火力発電、環境アセスを短縮化 石原環境相が会見

2013/4/2付
共有
保存
印刷
その他

 石原伸晃環境相は2日の閣議後記者会見で、石炭火力発電所の新増設に必要な環境影響評価(アセスメント)について、期間を短縮化する方針を明らかにした。国と地方自治体の審査を並行して進めるなどして、3年ほどかかる審査期間を短くする。経済産業省と調整して「5月をメドに結論を出す」(同相)。

 原子力発電所の再稼働に時間がかかるなか、原料を安く調達できる石炭火力の活用に期待が高い。政府の規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)が石炭火力発電の環境アセスを短縮化するよう求めていた。

 ただ、石炭火力は最新鋭の技術でも、液化天然ガス(LNG)火力に比べて二酸化炭素(CO2)の排出量が2倍多く、環境への影響が大きい点が課題となっている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

石原伸晃石炭アセスメント岡素之環境アセス

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 11:13
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 6:30
6:00
中国 6:00
5:59
四国 10:57
6:00
九州
沖縄
6:00
21日 22:48

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報