/

山中教授、STAP細胞「再現実験の結果待ちたい」

STAP細胞の論文問題で理化学研究所の調査委員会が最終報告書を発表したことを受け、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長は1日、「論文の信頼を損ねる行為が報告された。このような結果になったことは残念に思う」とのコメントを発表した。そのうえでSTAP細胞が実在するかどうかについては「論文の作成過程の検証や再現実験の結果を、引き続き待ちたい」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン