「小保方氏、申し立て後に会見の方向」代理人弁護士

2014/4/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

STAP細胞の論文に疑義が相次いだ問題で理化学研究所の調査委員会が最終報告書を発表したことを受け、小保方晴子研究ユニットリーダーの代理人である三木秀夫弁護士は、9日までに不服申し立てをする方針を明らかにした。

三木弁護士は申し立ての直後に「小保方氏が記者会見を開く方向で検討中だ」と話した。会見会場は関西地区になる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]