/

この記事は会員限定です

ノーベル賞、「ヒッグス粒子」2氏が大本命

日本人は化学賞で注目

[有料会員限定]

ノーベル賞の自然科学3賞の受賞者が今週、発表される。7日の生理学・医学賞を皮切りに、8日の物理学賞、9日の化学賞と続く。昨年は、あらゆる細胞に成長できるiPS細胞を世界で初めて作った京都大学の山中伸弥教授が生理学・医学賞を受賞して話題になった。自然科学系では2000年以降、日本人受賞者は11人(米国籍の南部陽一郎氏を含む)。日本は受賞常連国になってきたが、今年はチャンスがあるのだろうか。日本の研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2799文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン