/

小保方氏「とても承服できない」 理研に不服申し立てへ

1日午前、「STAP細胞」の論文について記者会見する理化学研究所の調査委員会の石井委員長(左、東京都墨田区)

論文筆頭著者である理研の小保方晴子研究ユニットリーダーは1日、「とても承服できません。近日中に理研に不服申し立てをします」とのコメントを発表した。

小保方氏は代理人の弁護士を通じて「驚きと憤りの気持ちでいっぱいです」とコメント。研究不正と認定された2点について「理化学研究所の規程で研究不正の対象外となる悪意のない間違いであるにもかかわらず、改ざん、捏造(ねつぞう)と決めつけられたことはとても承服できません」とした。

さらに小保方氏は「このままでは、あたかもSTAP細胞の発見自体が捏造であると誤解されかねず、到底容認できません」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン