2018年9月21日(金)

米長氏に勝った将棋ソフト 渋滞回避などに応用へ
「3年内に名人に勝つ」

2012/2/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 富士通研究所の研究員が開発したコンピューター将棋ソフト「ボンクラーズ」が先月開かれた「第1回電王戦」で米長邦雄永世棋聖(日本将棋連盟会長)を破る快挙を遂げた。公式の対局で将棋ソフトが男性棋士に勝つのは史上初めて。同ソフトは研究員が趣味で開発したが、富士通研はその“実力”に注目。本業への応用にも乗り出した。

 開発したのは富士通研の研究員である伊藤英紀氏。幼い頃からの将棋好きが高じ、1998年から個…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報