ネコ、飼い主の声を聞き分け 東大が実験で証明

2013/4/15付
保存
共有
印刷
その他

東京大学の斎藤慈子講師らは、ネコが飼い主の声を聞き分けることを実験で証明した。一般家庭で飼われる20匹のイエネコで実験。飼い主がネコの名前を呼ぶ声と、飼い主と同性で見知らぬ人の声をあらかじめ録音しておき、誰もいない部屋にいるネコに30秒間隔で聞かせて、その様子を分析した。

まず他人の声を3人続けて聞かせたところ、初めは反応したものの次第に弱くなっていった。その後、飼い主の声を聞かせると、頭を動かしたり耳を動かすなどの動作をするようになった。「猫は飼い主の声と他人の声を区別すると考えられる」と結論づけた。

飼い主の声でも、鳴いたり尾を振るなど大きな動作はほとんどのネコがしなかった。飼い主が視界に入らないと呼びかけにあまり反応せず、「猫はツレない」との一般的な見方を裏づけた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]