/

この記事は会員限定です

東京医科歯科大、空気中のアレルギー物質を連続測定

[有料会員限定]

東京医科歯科大学の三林浩二教授らはアレルギー症状の原因となる空気中に漂う物質の種類と量を、連続測定できるセンサーを開発した。掃除機や空気清浄機などに組み込めば、目がかゆい、せきが止まらないといった症状が出た際に、屋内にどんな物質が多いのかが簡単に分かる。企業と協力し、実用化を目指す。

アレルギーはダニや花粉、ペットの毛やフケなどが原因となる。症状が出た際、これらの物質が部屋のどの辺りに多いかを特定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン