2019年2月16日(土)

(新社長)メディパルホールディングス社長に渡辺副社長が昇格

2012/1/31付
保存
共有
印刷
その他

医薬品卸最大手のメディパルホールディングスは31日、渡辺秀一副社長(59)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。熊倉貞武社長(68)は代表権のある会長に就く。

渡辺氏は傘下の医薬品卸事業会社であるメディセオの社長を務め、病院や薬局への営業などを担当してきた。営業強化や物流改革を進めるため、若返りを図る。メディセオ社長には長福恭弘常務(57)が昇格。渡辺氏はメディセオの会長にも就く。

熊倉氏は2002年、メディパルの前身であるクラヤ三星堂の社長に就任。05年に日用品卸のパルタック(現Paltac)と経営統合し、物流改革などを進めてきた。

渡辺 秀一氏(わたなべ・しゅういち)75年(昭50年)法政大法卒、79年クラヤ薬品(現メディパルホールディングス)入社、04年メディセオホールディングス(同)取締役、11年副社長。兵庫県出身

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報