2018年8月22日(水)

楽天優勝と「あまちゃん」効果 楽しく金使い、使わせる (村山らむね)

(1/2ページ)
2013/10/4 7:00
保存
共有
印刷
その他

 9月26日木曜日の東北楽天ゴールデンイーグルスのプロ野球パ・リーグ初優勝、28日土曜日のNHK総合の連続テレビ小説「あまちゃん」最終回。今「東北が熱いよね」なのだ。

《ポイント》
(1)楽天球団の優勝と「あまちゃん」効果で東北が注目されている。
(2)消費増税後も楽天市場のポイント制度や宣伝効果は威力を発揮する。
(3)楽しく金を使い、使わせることを考えれば東北や日本が元気になる。

楽天球団優勝を記念し、楽天市場は意外性にあふれたセールを実施した

楽天球団優勝を記念し、楽天市場は意外性にあふれたセールを実施した

 まずは「あまちゃん」の「おしん」以来ともいえるブーム。ソーシャルメディアで思わず感想や発見を共有したくなる伏線の張り方が15分に凝縮されたことや、世代や性別を超えて共感できるファンタジーな部分とリアルさが魅力だったのだろう。1つの回につき5回見る機会があるのも様々なライフスタイルの視聴者に受け入れられたようだ。

 今まで東日本大震災を正面から語るドラマはなかったが、これで乗り越えるきっかけができたのではないか。「アマノミクス」という言葉も出てくるほどの経済効果も表れている。NHKの公式サイトのネットショッピングコーナーにはかつてないほどの公式グッズが紹介されている。

 アマゾンのDVDランキングでは、あまちゃんDVD―BOXが予約開始の段階から2カ月以上にわたり100位内にランキングされている。岩手県久慈市ではロケ地巡りが人気を呼んでいる。

 そして楽天球団の優勝。楽天創業者の三木谷浩史氏は阪神大震災に直接被災はしなかったが親戚が被害にあい、それが創業のきっかけのひとつになったという。

 その楽天の優勝セール。74時間の売り上げは1日あたり最高額(150億円)を記録した今年7月のスーパーセールと拮抗する額を達成したと思われる。星野仙一監督の背番号77にちなんで、77%オフの商品を1時間毎に放出するタイムセールや「仙一」にちなんで1001円の商品を集めたコーナーなど、工夫と意外性にあふれたセールだった。実際に売り上げ最高記録を達成したというショップ店長の喜びの声が、フェイスブックなどで続々と上がっていた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報