/

この手にiPadを 国内発売、300人の行列も

米アップルは28日、多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」を発売した。午前8時から販売を始めたソフトバンクモバイルの販売店「ソフトバンク表参道」(東京・渋谷)では、事前予約者のほか、当日販売分を目当てに26日から待機した人を合わせて約300人が並んだ。

カウントダウンとともに定刻を迎えると、予約者から続々と入店。しばらくして出てきた都内在住の会社社長(46)は、iPadのロゴが入った箱を手に「電子書籍に期待している」と笑顔をみせた。

孫正義ソフトバンク社長はイベント終了後、記者団に「割安な通信料金などで、iPadを普及させたい」と述べた。

このほか東京・銀座の「アップルストア銀座」には約1200人が並び、同・秋葉原のヨドバシカメラマルチメディアAkibaなどの家電量販店にも開店前から列ができた。

iPadは持ち運べる情報端末で、スマートフォンなどに比べて画面が大きく、タッチパネルを使った直感的な操作でホームページの閲覧などができる。無線LAN(構内情報通信網)のみで通信する機種と、ソフトバンクの携帯電話回線も使える機種があり、それぞれデータの記憶容量によって3機種がある。

米国では4月3日の発売から28日間で100万台を販売。在庫不足となり、米国外での発売を当初予定の4月末から1カ月延期していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン