/

この記事は会員限定です

コンビニ大手5社、国内4800店出店 14年度も過去最多

[有料会員限定]

コンビニエンスストア大手5社は2014年度、合計で4800店を国内で出店する。出店から閉店を引いた純増数は3200店程度で、ともに過去最多となる見通しだ。セブン―イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの上位3社がそろって千店以上出すのは初めて。国内店舗はすでに5万店を超え、各社の消耗戦になりつつある。今後はシニアや主婦など顧客層を一段と広げることが課題になる。

3社とサークルKサンクス、ミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン