スターバックス、契約社員800人を正社員に

2014/2/27付
保存
共有
印刷
その他

スターバックスコーヒージャパンは4月1日から約800人いる契約社員のほぼ全てを正社員にする。2015年3月期から出店拡大を急ぐ考え。店長を担える人材の育成が課題で、即戦力である契約社員を取り込む。正社員にすることで待遇を改善し従業員のやる気を高める。

同社の契約社員は店長を補佐する業務を任されている。時給制で1年の有期契約だ。4月以降は月給制でボーナスも出るため「一般に給与の総額は増える」(同社)。正社員数は現在の1800人から2600人に増える見通し。

同社は昨年、国内1000店を突破。足元の既存店売上高は好調で、「出店ペースを早期に年100店にする」(同社)計画だ。

景気回復で幅広い業種が採用を増やし、外食業界では人材不足が強まっている。ロイヤルホールディングス(HD)は4月から若手社員を対象に賃上げに踏み切るなど待遇改善の動きが相次いでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]