/

この記事は会員限定です

食品各社、増税値上げ回避へ一斉にコスト削減

容器を自社生産、設備集約…

[有料会員限定]

4月の消費増税や原材料の高止まりをにらみ、食品大手が一斉に生産や物流、調達でのコスト削減に取り組む。サントリー食品インターナショナルやハウス食品などが容器の自社生産や製造設備の集約を進める。アサヒグループホールディングスは物流を効率化する。増税後は消費の一時的な冷え込みも予想され、様々なコスト削減策で増税分以上の価格上昇を抑えて消費者の買い控えを防ぐ。

飲料大手では主要資材のペットボトルを外部調達から自社生産に切り替える動きが相次ぐ。一貫生産することで容器の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り505文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン