/

この記事は会員限定です

グローバルな社会で活躍できる人材になるには

三菱商事・小島順彦会長 経営者編第1回(11月5日)

[有料会員限定]

初めての海外赴任は39歳の時です。同期入社の中では最も遅いほうでした。赴任地はサウジアラビアで、プラントなどのインフラ事業をはじめ、色々な業界のコンサルタント的な業務をする会社でした。社員数は約500人。その国籍の多様さに驚きました。24カ国の人が働き、日本人は私1人。そんな人種の坩堝(るつぼ)では当然のごとく、英語が共通語となります。

□自分の意見を主張

私のように英語が母国語ではない人のほうが多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン