J・フロント、大丸ららぽーと横浜店の営業終了へ

2012/3/26付
保存
共有
印刷
その他

J・フロントリテイリングは26日、傘下の大丸松坂屋百貨店が運営する「大丸ららぽーと横浜店」(横浜市)を来年1月末に閉鎖すると発表した。同店は大型商業施設内のテナントとして、高級食料品を中心に販売してきたが、2007年の開業以来、売上高は計画を下回っていた。人件費を中心に経費削減を進めたが、今後の黒字化は難しいと判断した。

大丸ららぽーと横浜店の売り場面積は3916平方メートル。11年2月期の売上高は37億9100万円で、営業赤字は1億2100万円だった。Jフロントは同店の営業終了に伴う損失引当額5億3000万円を12年2月期に特別損失として計上する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]