/

この記事は会員限定です

イオン、仏カルフールのマレーシア事業買収へ

200億円強

[有料会員限定]

イオンは小売業世界2位、仏カルフールのマレーシア事業を買収する方向で同社と最終調整に入った。買収価格は200億円超の見通し。イオンのマレーシア事業と合わせた売上高は約1200億円となり現地最大規模。日本の小売りがアジアで大型事業買収するのは初めて。

日本の小売業は
東南アジアへの出店を加速
スーパー
イオンカルフールのマレーシア現法買収へ。14年度にベトナムとカンボジアに進出
コンビニ
セブンイレブン6月末で9416店を展開。ベトナム、ミャンマーへの進出検討
ローソンインドネシアに続き、ミャンマーへの出店を計画
専門店(衣料・雑貨)
ファーストリテイリングシンガポール、マレーシアなど4カ国に出店済み。インドネシアへの進出を検討
良品計画5カ国に25店展開。出店増に向け13年度以降にシンガポールに新物流拠点
百貨店
高島屋15年にベトナム進出、16年度までにM&Aを含めて350億円を投資
三越伊勢丹HDシンガポール6店目を13年末に開業。今後も多店舗展開

国内小売業が外国市場で首位となるのは例がない。国内市場が縮小する中、イオンは中間層が増える東南アジアでM&A(合併・買収)をテコに収益基盤を築く。小売業でア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン