世界に誇れる人材大国を目指そう  未来面 第1回(10月29日)
経営者と学生が日本の課題に挑む

2012/10/29 3:30
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社は、これから国のかじ取りを担う、若く、新しい力を育てるプロジェクトを未来面でスタートさせます。

「失われた20年」で世界における存在感が弱まる一方の日本。もはや静観してはいられません。11月に始まるプロジェクトでは、日本を代表する経営者がグローバル化や少子高齢社会、震災からの復興、エネルギー、環境、財政、貧困、社会貢献の在り方など、現在直面する課題を自らの経験を交えて提示し、これを解決するための独創的なアイデアを主に大学生や大学院生の方々から募ります。

新聞とインターネット(日経電子版)を通じて経営者と学生が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探っていきます。経営者との真剣な対峙は若者にとって、何物にも代え難い経験になるはずです。次世代につなげる持続的な社会をどのように築けばいいのか。経済大国から、世界に誇れる人材大国へ。その道筋を探る一助になればと考えます。

新しい日本人をつくる。ご期待下さい。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ連載トップ