日経消費DIは4期ぶり改善

2013/4/23 19:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍政権の経済政策「アベノミクス」への期待感が高まり、個人消費が回復している。消費関連企業の景況感を示す日経消費DIの4月調査では業況判断指数が4期ぶりに改善。前回の1月調査から13ポイント上昇し、マイナス8となった。水準はリーマン・ショックのほぼ1年前、2007年10月調査(マイナス9)を上回るまで回復している。

DIは業況などが「良い(良くなる)」と答えた割合から「悪い(悪くなる)」の割合を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]