こたつのある本屋の魔法 つなぎの場が消費生む 編集委員 石鍋仁美

(1/2ページ)
2013/11/26 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

書棚に囲まれた店の一角にこたつがある。そんなユニークな本屋が東京の池袋に今年秋、開業した。ソファにテーブル、コーヒーやビールも用意し、客同士や著者と読者に出会いの場を提供したところ、価格の高い専門書などがどんどん売れていく。店が人と人をつなぐことで、モノも売れる。しかけを満載した新種の「つなぎ場」が消費を生む。そんな事例が、各地で生まれつつある。

■集い、会話が弾み、売れる

店の名は「東京天狼院」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]