/

この記事は会員限定です

セブンイレブン、弁当など供給能力3割増 3年で

[有料会員限定]

セブン―イレブン・ジャパンは2015年2月期末までに、弁当やおにぎりなど調理済み食品の供給能力を3割以上引き上げる。取引先の食品メーカーが18工場を新増設する。同社は今期、堅調な個人消費を背景に過去最高の1350店を開く計画。主力商品の設備を増強し、店舗数の急増に対応する。

同社の弁当やサンドイッチ、デザートなど調理済み食品の年間売上高は総売上高の約4割の1兆3000億円とみられ、食品メーカー約8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン