/

マクドナルド、250円セット投入 コーヒーは100円に

日本マクドナルドが低価格メニューの拡充に動き出した。「プレミアムローストコーヒー」(Sサイズ)を従来より40円安い100円で20日に発売。250円と500円のセットメニューも5月7日に導入する。これまで高単価メニューを拡充してきたが、競合のコンビニエンスストアや牛丼店などに対抗する。

同コーヒーは2008年2月の発売以来、初の値下げ。大手カフェチェーンやコンビニが安価なコーヒーを投入する中、発売当初の100円に下げることで「来店動機を増やしたい」(原田泳幸会長兼社長)という。

250円セットはポテト(Sサイズ)と「ハンバーガー」などで、単品での注文より40~60円安い。200円台の牛丼に対抗する。原田会長兼社長は「これからは100円、250円、500円の3つの価格帯で消費者を獲得したい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン