イオン、千葉・幕張に体験型消費の旗艦店開業

2013/12/20付
保存
共有
印刷
その他

20日オープンした「イオンモール幕張新都心」(千葉市美浜区)

20日オープンした「イオンモール幕張新都心」(千葉市美浜区)

イオンは20日、千葉市でショッピングセンター(SC)の旗艦店「イオンモール幕張新都心」を開いた。敷地面積は東京ドーム4個分の19万2000平方メートル。吉本興業の劇場や仕事体験テーマパークなど、360店のうち約3分の1を体験型サービスとし、店に滞在する楽しさを追求した。国内だけでなくアジアからの観光客も見込み、年間3500万人の集客を目指す。

午前9時の開店前には7000人が並んだ。夫婦で訪れた千葉市の男性会社員(43)は「子どもと大人が一緒に楽しめる目新しい店が多い。次は娘を連れてきたい」と笑顔で話した。

総合スーパー「イオン」では無線LAN(構内情報通信網)を整備。タブレット(多機能携帯端末)を40台配置し、在庫がない商品も店頭でネット注文できる新サービスを導入した。イオンの岡田元也社長はオープンに先立つ式典で「コト、モノ、ネット、(全てを組み合わせた)オムニチャネルのショッピング時代に対応した1号店」とあいさつした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]