スカイツリーが1人横綱 12年上期ヒット商品番付
外出促す商品・サービスが上位に

(1/2ページ)
2012/6/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社は2012年上期の日経MJヒット商品番付をまとめた。5月に開業した東京の新名所「東京スカイツリー」の話題が抜きんでていたとして1人横綱とした。東日本大震災から1年が過ぎ個人消費が復調するなか、消費者の外出を促す新施設やサービスが上位に登場。一方で費用対効果や健康、安全などを訴えるヒット商品も多く、消費には「守り」の姿勢も根強く残る。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]