ワタミ、風力発電導入へ 風車建設で自前の電力確保
自社の介護施設などで利用

2011/5/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外食大手のワタミが来春から風力発電を導入する。風力発電事業を手がける札幌市の企業と連携して、秋田県で2000キロワットの発電能力をもつ風車を建設する。発電した電気をワタミがすべて買い取り、自社の介護施設などで利用する。東日本大震災後、企業の電力調達が不安定になっており、自前の電力を確保する動きが広がりそうだ。

企業が自家需要を賄うために太陽光発電を導入する例はあるが、風力発電を利用するのは珍しい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]